エロアニメまとめサイトです。海外のエロ動画サイトから無料エロアニメを見やすく紹介しています。

女戦士のエロアニメ

転生剣奴の子作り闘技場(ハーレムコロッセオ) 「甲冑巨乳エルフ・デュランタ~孕み孕まれ白濁流し」

転生剣奴の子作り闘技場(ハーレムコロッセオ) 「甲冑巨乳エルフ・デュランタ~孕み孕まれ白濁流し」

心優しく不器用で争い事を好まない巨乳エルフ・デュランタは、いつの間にか殺し合いの行われる闘技場のヒロインとなっていた。 そんな彼女は実は作られたアイドル剣士であった……… 殺し合いの殺伐とした中にあって、ライティウス率いる雷光団は、客を楽しませるのをモットーとし、実際には殺す手前の寸止め劇を巧妙に細工していたのであった。 そんなことは露知らず、興行主の皇族、ドSドジっ娘ドバカ姫・ルナハソールちゃんは、デュランタとその相手であるリグシオンを別荘に招き持て成すフリして、凌辱劇を見せろという無理難題をふっかけてくる。 おバカ少女でも姫の命令とあれば、逆らうことは許されず、巨乳エルフ・デュランタを、その野太い珍品肉棒で、ルナの前で覆いかぶさるリグシオンであった……。

ジャンル: ,

キャッスルファンタジア ~聖魔大戦~ 第三章

キャッスルファンタジア ~聖魔大戦~ 第三章

快進撃を続けるヒューイ達「第七聖部隊」に、女司令官ソミア率いる「第八聖部隊」との共同作戦が命じられる。だが、第八聖部隊は「皆殺し部隊」と恐れられ、黒い噂が絶えず、暗殺を本業とするソミアが聖騎士の司令官である事に、シルエラ、アリア達は大きな不安を感じる。そして、戦場に向かったヒューイ達を大きな陰謀が襲い、やがて新たなる旅立ちが始まる事になる…。

ジャンル:

キャッスルファンタジア ~聖魔大戦~ 第二章

キャッスルファンタジア ~聖魔大戦~ 第二章

インジュラ軍に行く手を阻まれていたルーシェラ軍の総司令官デュシスは奇襲を決断、囮の使者に若き女司令官シルエラを指名する。あまりの危険な任務にヒューイは猛然と反対するが、生きる事に執着できないでいるシルエラは淡々と敵陣に向かう。だが、敵陣にはシルエラの美しい体と操を狙う司令官が、罠を仕掛け待ち受けているのだった…。

ジャンル:

キャッスルファンタジア ~聖魔大戦~ 第一章

キャッスルファンタジア ~聖魔大戦~ 第一章

インジェラ教団とルーシェラ共和国との戦いは200年の長きにわたり続き、こう着状態に陥っていた…だが、一人の若い英雄の出現により終焉へと向かってゆく…。後に「聖魔大戦」と呼ばれ、伝説として語り継がれる壮大な叙事詩が、その幕を開ける!!

ジャンル:

闘技場の戦姫~another story~ 上巻 すべてを捧げた戦姫

闘技場の戦姫~another story~ 上巻 すべてを捧げた戦姫

興奮のるつぼにあるベルヌープ国コロシアム。その中心にいる人物は、剣闘士に相応しくない赤いドレスに身を包んでいた。飢えた狼に対峙する彼女に浴びせられるのは声援ではなく罵声、狼を倒せば倒す程、その度合いは強くなる。彼女は隣国、バスティアの王女スカーレット。紛争の絶えない両国が和平の手段として王族交換を行った。その為、スカーレットはこの国に来た。両国の和平は保たれ、スカーレットは国賓として扱われていた。だがベルヌープ側の王子が不慮の死を遂げたことで、事態は一変する。ベルヌープの民意はスカーレット無残な死を求め、国はそれにこたえる形で、スカーレットを剣闘士奴隷の身分へと落とした。戦姫として生まれたスカーレットは優れた戦闘力を発揮してコロシアムの戦いに勝ち続け、生き残っていた。しかし観客がスカーレットの死を望んでいる限り、そう遠くないうちに無残に殺されるだろう。そのことをスカーレットは常に感じていた。ふとしたことから知り合ったグスタフという男が、どんなものでも確実に目的地まで送り届ける優秀な運び屋と知ったスカーレットは、自らの身体を依頼料として、祖国まで自分を送り届けることを頼むのであった。

ジャンル: ,

彼女とイケナイ関係

彼女とイケナイ関係

ファイ○ルファン○ジーIVのロー○の、動画と静止画のセットになります。 アイツがいない間に、憧れの彼女とこっそり大胆にHしまくるムービーです。

ジャンル: ,

戦乙女ヴァルキリー 第二夜 「女神隷属」

戦乙女ヴァルキリー 第二夜 「女神隷属」

尊敬するフレイアは既に肉棒(オトコ)の虜と化し、恥じらいに染めた裸身を魔族たちのなすがままに貪られている。「ご主人様たちの逞しいオチ○チンにわたしの人生を捧げます」屈服の証であるその言葉を口にするまで、無垢な肉体と心を責める悪夢の宴は終わらない…。

ジャンル: , , , ,

転生剣奴の子作り闘技場(ハーレムコロッセオ) ヘタレ爆乳皇女・マルシュタール~お漏らし鎧の折檻

転生剣奴の子作り闘技場(ハーレムコロッセオ) ヘタレ爆乳皇女・マルシュタール~お漏らし鎧の折檻

帝国の皇女らしからぬ戦闘能力で、「帝国の赤き剣」と崇められるマルシュタール。 溺愛する妹皇女のルナハソール共々、魔力の乏しさから、皇女とは言え、隅に追いやられるのを、その戦闘力で圧してきた。 ひとえに王族としてしっかりと認めさせる為の思いが強く、また、帝国の威信を人一倍護るために努力してきた………つもりであった。 ライティウス率いる雷光団のイカサマに気付いたマルシュタール。もとより妹のルナハソールのお気に入りの団を目の敵にしていたがために、団を解散させ、ついでに斬首の刑、と追い込みかけるも、イカサマとは違うと言い張るリグシオン。その行方は、決闘で明らかにすることになった。 さくっと血潮を噴き上げて終わらせるものと考えていたマルシュタールであったが、実際にはさくっと倒されてしまうという結果に、今まで築き上げてきた威信が全て壊されてしまった……そして……勝った方が何でも好きなことが出来るという約束とともに迫る、リグシオンの肉棒から逃れる術はなかった……とはいっても、へっぽこマルシェ皇女。 「だ、だって知らなかったのっ!だから、もういいでしょ。許しなさいよっ」 皇女としての威厳はどこへやら、へっぴり腰で懇願するマルシュタールに、異様に屹立した肉棒は、その頬を叩き、むっちりと育った肢体の穢れない無垢な肉壷に、無慈悲に押し込まれていくのであった…… 「いたたたたー、ムリムリムリー痛い痛いー死ぬー死んじゃうーきゃー」 野太い肉棒を埋められた肢体を赤く火照らせながらも、わーきゃーと喚き散らすへっぽこ感丸出しの「帝国の赤き剣」を……そっとのぞき込んでいたのは……溺愛する妹皇女であった。

ジャンル: ,

サイト内検索